引越し 東京 京都 大型家具

MENU

東京⇔京都の引越しでの大型家具の扱いは

家具と大型家具との区別は線引きされているわけではありません。大型家具は、一人でなんとか運べますが(もちろん東京−京都間を運ぶというわけではなく)、段ボールには入りきらず、梱包作業の難しい家具類ですね。基本的に、自分では運ぶのが困難な家具です。1人で作業することが困難と判断されれば、大型家具として取り扱ってくれる場合もあります。これらの大型家具により、引越しの料金が大きく変わります。具体的には、ベッド・タンス類・テーブル・机・椅子・ソファ・パソコンラック・本棚・ドレッサーなどです。タンスなど無料で引き取ってくれる業者も中にはあります。ベッドやラックは、引越し業者で解体して引越し先へ運んでくれます。

 

特に難しいとされるクレーンなどの吊り作業が必要となる場合ですが、引越し業者はクレーンの機械装置があり、作業できる環境にあり専門とするところです。2階へ大型家具を移動させる場合には、適しているので便利です。ほとんどの引越し業者でこうした作業は行われています。自分で運ぶのが可能で時間がかかっても大丈夫なら、自分でしてしまった方が良いかもしれません。自分で作業をするときは、建物・家具を壁などにぶつけてしまい、傷つけないように細心の注意を要することが必要です。

 

東京⇔京都の引越はなにかと手間や時間がかかるので、大型家具の引越しは業者にお任せして、軽い荷物は自分達で(宅配便の利用を含めて)運ぶと考える人が多いようです。引越し業者に依頼することにより、時間を短縮でき、安全面に関しても安心です。保険に加入している場合が多いので、修理や弁済の対応をしてくれる業者が大半だと思いますが、念のため、確認は必要です。

 

引越し費用を安くしたい人は、手始めに、不要品を捨てるなり売るなりしてしまいましょう。荷物が増えれば、常識的に考えて、金額も加算されます。大きな電化製品や家具を荷物に含めるのなら、更に値段もアップします。引越し後に片付けるというのであればそれでも良いのですが、無駄な費用がかかるだけですよ

イマドキの引越し会社は、自社所有でトランクルームを持っている場合がよくあったりします。これで、家財道具を短期〜長期に渡り保持する取り組みを行っているのです。例ですが、仮住居に移るとき、一旦トランクルームに荷物を預け、新住所に入居する際に引っ越し会社に荷物を輸送してもらうことが可能です。