引越し 東京 京都 荷物整理

MENU

引越しの荷物整理をしっかりと!

東京⇔京都間の引越しの時には、荷物の整理をしなければなりません。引越し業者に見積もり依頼すると、どのぐらいの荷物の量があるのか確認されます。段ボールや箱に入るかなど、運搬方法や料金も変わってきます。そのために荷造りは重要な作業となります。荷造りをきちんとしていれば、持ち運びもしやすくなります。まず、必要なものとそうでない物の分別をします。粗大ごみは、できるだけ早く処分しておく必要があります。荷物を詰める時は、ダンボールに必要な情報を記載しておきます。分かりやすくしていれば、後の作業がスムーズに進みます。引越し日まで使わない物から詰めていくようにしましょう。

 

日常生活で必要なものは、先に荷造りしてしまうと不便です。荷物は、あまり多く詰めすぎないように気をつけます。底の部分が抜けてしまう恐れがあります。しっかりテープで止めておくと良いです。自室の荷造りをする時は、どのような荷造りが適しているか確認していきます。クローゼットにある洋服はキレイにたたみ、衣装ケースや収納ボックスなどに入れて運ぶようにした方が良いでしょう。プラスチック製の収納ケースに洋服が入っている場合は、そのままにしておき、中身が出てこないように固定はします。洋服が傷んでしまわないようには気を付けた方が良いです。

 

東京⇔京都間の引越し予定のある方にとって、引越しは荷物整理や不用品の処分をできる機会です。快適な新生活を送るために、できることを早くやっておき、計画的に準備を進めていくのが大切だと思います。

 

食器類の梱包など

引越準備をしているという方、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。引越準備は、本当に大変。特に、食器などの割れ物は扱いが大変ですよね。食器などを上手に梱包するには、ポイントがあるのはご存知でしょうか。まずは、食器の場合には割れる可能性があるのでひとつずつ積むこと。

 

そして、同じ大きさの食器はまとめるようにしましょう。また、詰めるダンボールは大きいものは避けましょう。ダンボールに詰める際には、重いものを下へ、軽いものを上へ入れましょう。

 

そして、ダンボールの中の隙間を作らないことも大切。これらをポイントにして行うことで、上手に梱包できます。梱包の際は、業者からエアーパッキンなどを用意してもらえる場合は、そちらは利用するようにしましょう。しかし、業者で用意されない、費用がかかる場合には、新聞紙やタオルなどを上手に活用しましょう。

 

また、業者によっては専用のBOXが用意されることもあります。このBOXは、割れる心配も少なく、手間もかからず、ゴミが出ないということでとても便利。こういった専用のBOXがある業者の場合には利用しましょう。しかし、今は業者にこれらの作業を頼むこともできます。お仕事をしていて、なかなか時間がとれないという方もいらっしゃると思います。

 

また、一人暮らしの方などは一人では大変という方もいらっしゃいますよね。そういった方は、手間よりも多少お金がかかっても…と思われる方もいらっしゃると思います。そんな方は、業者にお願いするのも一つの方法ではないでしょうか。

 

不用品の処分方法

長く住めば住むほど、部屋に不要品が多くなっていくものです。押入れやクローゼット、タンスなどの収納スペースで中身を確認できます。引越しの荷物をまとめていると、全く使っていなかったものが多数見付かると思います。東京⇔京都の引越しの際に、不用品を片付けるとことは重要です。新居に持ち込む必要のないものは、整理して片付けてしまうことをオススメします。引越し荷物の整理と不用品処分は早めに片付けた方が良いです。

 

必要のない物を処分していくと、引越し準備への気持ちも高まっていきます。不用品には、大型のものから小型の分別ごみで捨てられるものまで様々だと思います。引き取り可能なものがどんなものか、詳細を確認しておく必要があります。大型のごみの場合、市区町村の粗大ごみで引き取ってもらえる場合もあります。都道府県・市区町村によって粗大ごみの処分の仕方は違ってきます。現在お住まいの地域や処分するもの、品目・サイズなどにもよっても、引取費用が発生する場合もあります。注意が必要です。

 

必ず、引越し前には様々な情報も収集し、確認しておいた方が良いでしょう。小型の分別ごみは、現在では、ほとんどの自治体で分別回収が行われていますので、把握は必要です。きちんと分別し、決められた日にゴミを出せる準備はしておきましょう。その他には、リサイクルショップという方法もあります。収入を得ることができ、高値がつくかもしれません。一番効率的に安く処分できる方法を選択した方が良いです。不用品は多く出てくるものなので、処分にひと苦労するかもしれません。物理的な時間や金銭的にも出費が重なることになります。できる限り費用をかけず、処分する方法を考慮するのも東京⇔京都の引越し費用を抑えるという意味では大事なところではないでしょうか。