引越し 東京 京都

MENU

東京−京都間の引越しをなんとなく適当に業者に頼もうとしていませんか?

以前にも東京と京都間の引越し経験がある人であれば、前回に利用したことがある有名会社にまたお願いをしてみようと思っている人も、もちろんいらっしゃるでしょう。

 

しかし、その引越し業者の決め方は間違っていると言っても良いでしょう。

 

全国規模、地域中小業者にかかわらずある意味引越し費用はタイミング次第のものなので今回もまた安いとは限らないのです。

たとえば東京あるいは京都へ引越し作業を終えたトラックが、たまたま引越しの予定日にあって、そのトラックに荷物を積むことが出来る(これを帰り便と言いますが)と格安の引越しが出来たり、

 

また、どうしてもこの日にもう1件仕事が欲しいというような業者の都合から、かなり値下げしてでも仕事を取りたいという思惑があったり、

 

など意外にも引越し業者の価格は運次第の面があるのです(宅配などとは違って決まった価格がないのが引越しなのです!)。

それだから引越し業者の請求金額は巷で言われる通り上げ下げする相場のようなもので、各業者の見積もりを比較してみないと危険!と言われているのです。

 

もちろん「どうしてもあの業者に頼みたい」ということもあるでしょう。

 

こんな場合にも一般的な東京と京都間の相場感がない状態で、業者の訪問見積もりを受けるのは避けた方が良いでしょう。

 

なぜなら、何の前知識もないのに「見積もり金額は◯◯万円になります」と訪問見積もりに来た営業さんに金額を伝えられた時に、その金額が高すぎることに気がつくでしょうか?

 

そのためにも最低限、東京−京都間の料金相場の目安を知っておきましょう。

東京と京都間の引越し費用はどのくらい掛かる?

東京から京都までの距離はルートによって違って約430〜520kmです。遠距離の引越になるので引越し料金が高いのではと気になりますね。東京⇔京都引越し料金の目安は

  • 大人二人では7〜35万円くらい
  • 三人以上の場合は10〜45万円くらい
  • 単身者は3〜10万円くらい

というのが目安になります。

もちろん上にあげた目安料金は、各引越し世帯が平均的な荷物だというケースですので、仮に単身であっても戸建てや3LDKのマンションで暮らしていたということであれば家族世帯並の料金となるのは言うまでもありません。

混載便などの東京⇔京都間の安い引越し手段が業者にあります

単身者で大型荷物がなく、荷造りしたダンボールの数が多くないと見込まれる方は単身パックなどの混載便を利用すると安くなります。

 

はじめて一人暮らしをするような方であれば、だいたい2〜3万円くらいで済みます。

混載便は同じ目的地に複数の引越し者の荷物を大型トラックに積み込んで輸送するので、相乗り荷物が集まるまでは出発しないデメリットがあり、場合によっては荷物が到着するのに3〜5日位かかります。ですので安いけど荷物の受取を急ぐ方には不向きですね。荷物の受取の時間指定をしたい方はチャーター便を利用したほうが良いです。

 

引越しシーズンと言われる3〜4月は料金が1.3倍以上になることが多いのですが、業者によっては集客のため抑えた料金設定をしているところもあります。引越し料金を抑えたい方はネットで一括見積りを取ることをオススメします。

 

引越し業者に高い料金でボッタクリに会いたくなかったら!

 

利用は無料! 利用実績1,000万件を突破した信頼のサービスです。

 

必ず引越し見積もり比較サービスを利用して料金を見比べましょう!

 

 

 

引越し経費というものは、時期をはじめ諸条件によって流動的になります。ですから、「業界内で1番安いのはXX社です!」という具合に断言することができません。何社かから見積もりを取ってきて、費用を比較することが最も大切なのです。荷物が多めの単身者が引越しするケースで例えれば、大体10万円前後でできるものですが、それぞれの業者で2万円から5万円前後くらいでしょうか、格差がでるのもままあることです。

引越し業者の価格は3月から4月にかけて動くと言われます。転勤や新入学などで3月・4月に新しい生活のために動きますが、業者へ引っ越しの予約が多くなる季節には料金が引き上げられるのです。引っ越し価格は一定ではありません。

 

また、月〜金曜に頼むと、土日よりお得だったりします。なぜなら、土日の引越しは、お仕事・学業に影響を及ぼさない人が多いからです。案件が殺到すると、比例して価格も上昇するものです。最近は平日休みの方も多いですが、土曜・日曜というのは今でも人気なのです。費用は業者単位で違いますが、その差は大きい、というわけではありません。費用の差について、金額一覧表をチェックしてみましょう。

 

自分の料金がだいたい分かったら削ることができるものがわかるはずです。削ることができるものは荷物の量の削減が一番やりやすいと思います。

 

「もったいない」「いつか使うかも」という気持ちは捨てて処分してください。引越し業者からによって荷物処分のオプションサービスとしているとこもありますが、処分料金を取られることもあるので気をつけてください。

 

ネットでの見積りを取ったあとはできれば訪問見積りをして、値引き交渉をしたい方が良いですよ。最初の料金よりも数万円安くなるはずです。

 

引越し費用の平均を知ることによって業者との交渉も上手くゆく確率が高くなります。
そのためにはまずは見積もり比較ですよ。

 

 

 

 

 

 

東京−京都間の単身引越しでの単身パックについて

通常の引越し料金より格安

引越し単身パックの一番のメリットは、通常の引越しプランで引越し作業をしてもらうよりも格安で引越しできるということです。通常の引越し作業となると、大なり小なりトラックを貸し切って、それに引越しの荷物を積んで運んでもらうというシステムになります。単身の引越しの場合は、荷物の量がそれほど多いわけではありませんので、実際は運ぶトラックに無駄なスペースが出てしまうこともあります。

 

無駄なスペースがあろうと、きっちり積んであろうと、トラックは貸し切りしているので、最低限この車の代金とガソリン代はかかってしまいます。引越し業者にも軽トラック程度のものがあればいいですが、小さいトラックがない引越し業者では、小型でも無駄なスペースができてしまいます。

 

引越し単身パックは、引越し業者によっても異なりますが、たいていはトラックを貸し切るのではなく、他の引越し作業のトラックの空きスペースを利用して運んだり、通常宅配の荷物と一緒に運んだりするのです。そのため、トラックをわざわざ借りることもなく、ガソリン代も荷物重量がちょっと増えて燃費が悪くなる程度で済むのです。そのため、引越し業者側でも経費がそれほどかからず、安く引越しができるというわけなのです。

 

もちろん、単身でも荷物の量が多いという人は引越し単身パックの対象にならない場合もありますし、引越し業者の基準によっては、それでも無駄なスペースができてしまう場合もあります。そのため、自分の荷物に量と引越し業者の規定をしっかり確認しましょう。

繁忙期に左右されない事も

引越しは毎年3〜4月が繁忙期になります。その他にも土日祝日、大安なども人気の日取りで、引越し業者も予約がいっぱいになります。

 

そのため、引越し価格を値引きしようと思ってもなかなか交渉に乗ってくれないところが多いのです。逆に忙しくない時期は料金を安くしてでも引越しの予約を取りたいもので、その差額は倍以上になる時もあるのです。そのため、引越し費用を安くするためには繁忙期を避けるというのが鉄則です。

 

ですが、引越し単身パックの場合、そういった繁忙期に左右されず平日と同料金程度で引越ししてくれる場合が多いのです。その理由は、引越し単身パックのシステムによります。引越し単身パックは、引越し業者によって荷物の量は異なりますが、その業者の一定の荷物の量に限定したパックです。

 

そして、それは、他の引越し作業トラックの空きスペースに積んだり、宅配輸送のトラックに積んだりして運びます。そのため、繁忙期が全く関係ないのです。単身の引越しとなると、ほとんどが3〜4月の繁忙期になることが多いです。そのため、繁忙期を避けたくても避けられない場合もあるのです。そんな時でも、引越し料金が左右されないので、お得感があるでしょう。

 

ただ、これは引越し単身パックをおこなう引越し業者すべてに当てはまることではありません。引越業者によっては平日のほうが安くなる場合もあります。そのため、自分の引越し日と引越し業者のサービスをよく検討するといいでしょう。

 

安さがやはり1番の利用する理由に多くの人はなると思います。ですが、一人暮らしイコール単身パックが優れているとは決して言えない場合があります。というよりもほとんどの人にとっては、かえって使いづらいサービスである可能性もあるのが単身パックです。

 

その理由は通常の引越しはその人の荷物量を見積もってから業者が荷物を運んでくれますよね。ところが単身パックの場合には利用者が、専用の箱に収まるように荷物を調節しなければなりません。

 

サカイやアートやアリさんなどの引越し業者のトラックを道で見掛けたことは誰にでもあるでしょう。あのトラックのサイズを単身パックに求めた場合には、大失敗をしてしまいます。予想以上に使われる専用の箱は小さいサイズなのです。ベッドなどはとても入らないのです。就職して社員寮に入る、下宿に入る、のような荷物が無い人向きのサービスだという認識がまずは必要です。

予約が取りやすい

単身の引越しとなると、たいていはアパートやマンションの一室が引越し先、もしくは引越し元となるでしょう。単身用のアパートやマンションというと、正直それほど広いところではないでしょう。そのため引越しの荷物の量はある程度限られてきます。家族での引越しよりも確実に荷物の量も少ないでしょ う。荷物の量も少なければ、引越し作業をおこなうスタッフも少なくて済みます。

 

引越し業者はたとえ大手の会社であれ、作業をおこなうスタッフは決まっています。もちろんなかには繁忙期だけアルバイトを雇うところもありますが、 評判のいい引越し業者なら、全員がしっかりと教育された専門のスタッフで、その人数は決まっています。そのため、大家族の引越し、オフィスの引越しとなる と、かなりの人数のスタッフが駆り出されます。もしもそんな時に、大家族の引越しの予約をしようと思えば、スタッフが足らず断られてしまう可能性もありま す。

 

ですが、単身の引越しの場合は2〜3人のスタッフで足ります。もちろん単身でもかなりの量の荷物がある場合もありますが、引越し単身パックなら荷物の量が決まっていますから、スタッフも規定の人数で済みます。そのため、引越し単身パックは予約が取りやすいのです。

 

特に3〜4月の繁忙期となると、引越し業者も予約でいっぱいになります。引越しが決まるのが遅かったりすると、引越しの予約も遅れてしまいます。ですが引越し単身パックなら、好条件の引越し業者に予約ができる可能性が高いのです。

単身パックの残念な点ですが、引越し条件次第では費用がかなりかかることです。理由ですが、専用ボックスの最大容量を鑑みても、荷物の少ない方向けのサービスだからです。具体的には、本・雑誌・服等趣味の物が多い場合、あっという間にボックスの限界になってしまうのです。すみませんが、そういう方には違うパックを使って頂くほかないようです。

>>簡単な入力で最大10社から見積もりが届きます!>>>CliCK!!

 

京都は日本で2番めに大学の校数が多いと聞いたことがあります(ただし30年前の修学旅行の時のバスガイドさんの話ですが^^)。1番大学が多いのはもちろん東京ですよね。なので東京と京都の間の引越しは学生さんも多いのかもしれません。もちろん日本の首都とその前の都の2都市ですから仕事や生活での一般の引越しも多いでしょうね。